著書について

体の本がようやく出版になります

 爆忙の一ヶ月がすぎて・・・いよいよ11月初旬に体の本が出版されます

 しばらく、ブログ/Facebookの更新ができませんでした。新著の制作の最後の最後に大トラブルがあり、その修正にとんでもない時間がかかってしまったからです。この歳になって、一週間で3回の徹夜をしてしまいました・・・

 出版を企画したのはもう7年も前のことです。それから原稿を書き始め、1年ほどかけて「超大作」が出来上がりました。その原稿を出版社の社長に見せたのですが、「だめだ・・・頭痛がしてきた。よめん!」

 今になって最初の原稿を見てみると、確かに出版物にするにはとんでもないものでした。内容が多岐にわたり過ぎ、超難解。文章もバラバラで、どうしようもないものだったのです。とにかく、「あれも、これも書くんだ!」という気負いだけで書きなぐったようなしろもので、人様にお見せするようなものではありませんでした。それから半年をかけて、コンテンツを整理。文章量をほぼ半分にして、なんとかまとめたのですが・・・

 それからが長かった・・・

 出版社の都合やリーマンショック、東日本大震災のために、出版予定はその都度、遅れに遅れました。待っていただいていた方には、心よりお詫びを申し上げます。

 しかし、結果的に少しばかり内容も更新できました。体の使い方の基礎をこのようにまとめたものは、これまでにはなかったと思います。11月より書店に並びます(いちばん早いのは、11月2、3、4日の弦楽器フェアのサラサーテのブースです)。サイトでも11月から注文を受けつけますので、是非、お読み下さい。

 現物を手にしたら・・・きっと泣くと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)