コンサートの感想など

「ソフィオ・アルモニコ」コンサート

● 2月14日

 横浜の「山手プロムナード・コンサート」の一環として、2月11日から14日まで「横濱・西洋館de古楽2010」が行なわれました。(http://www.yamatepc.com/-e6-a8-aa-e6-bf-b1-ef-bd-a5-e8-a5-bf-e6-b4-8b-e9-a.html)山手の「山手聖公会」や「イギリス館」「ベーリーック・ホール」などでの連続演奏会です。その中のひとつ、「ソフィオ・アルモニコ」のコンサートを聴きにいきました。

「ソフィオ・アルモニコ」は、ルネサンス・フルート奏者4人のアンサンブルです。ゲストとしてバロック・ハープで鷲崎さんが参加され、コンサートを紹介していただきました。浅学な私の知識は、ルネサンスの音楽の特徴は「中世から発達を始めたポリフォニー全盛と、協和音程(純正音程)への注目、三度の導入」程度のシロモノで、実際にポリフォニーの音楽を意識して聴いたこともありませんでした。そういった意味で、とても興味深いコンサートでした。

 ルネサンス・フルート(参考写真/http://www16.ocn.ne.jp/~zpg/inst/fl.html)は、穴が6つ開いただけのシンプルな作りの楽器です。基本的に教会旋法を使いますので、ピアノの白鍵分の数があれば良いわけですね。長さがいろいろ(ということは、高さがいろいろ、ということ)あり、3ないし4本でアンサンブルを聴かせてくれました。

 演奏された曲は13世紀から16世紀(一部17世紀)のものでしたが、ルネッサンス期には器楽曲はほとんどなく、演奏された曲目もほとんどが歌曲です。ルネサンス・フルートには、詳細な演奏法が残されておらず、どの楽器をどのように使うか、という「スタート」から試行錯誤を重ねているそうです。

 聴いて一番強く残った印象は「予想がつかない心地よさ」でした。

 調性音楽であれば、和声進行で「先の予測」がつきます。聞き慣れているバロック以降の音楽であれば、初めて聴く曲であっても「次はこうなるぞ」というイメージができるのです。そして、そのイメージは音楽を聴いて「心地よい」と感じる大切な要素でもあります。しかし、和声感がない音楽は(もちろん、部分部分では和音の響きはあります)そうした予想機能が部分的にしか働かないのです。

 和声感が感じられない中では、旋律、旋律(旋法)の色合いや複数の声部の重なりなど、和声以外の働きが心地よさを感じる大きな要素になっているはずなのですが、これは実に「自然な」心地よさでもあります。音楽に対してこのように感じたのは、実に久しぶりだったように思います。

 興味深かったのは、13、14、15世紀の曲を順番に2曲ずつ演奏したブロックでした。明らかに音楽の質が違う。特に印象的だったのが、和音です。

 13世紀のものは、ほとんど和音を感じません。「和声を感じない」のではなく「和音を意識しない」のです。ところが、14世紀のものになると、ところどころに「韻を踏むように」和音を感じるところが出てきます。5度や8度は楽曲の終止で現れますが、途中に3度が現れ始めたのもはっきりとわかります。さらに面白かったのは、3度が「偽終止」のような効果を感じさせたことです。曲の途中で三度が「韻を踏むように」わずかに強調されるところがあるのですが、三度に慣れた現代の私の耳にも、完全に安定した雰囲気にはならず、後に続くイメージが強く残ります。もちろん、曲は進行します。

 たくさんの曲を聞き比べた訳ではないので、あくまで今回の演目に限ったことではありますが、時代の違いを比較的はっきりと感じることができたように思います。そのような選曲をされたのかもしれません。

 残念だったのは、プログラムと解説です。プログラムには出演者のインタビュー、コンサートの中では楽曲の説明や研究者の解釈などがありましたが、逆にしてほしかったと思いました。説明に出てきたような同時代の作曲家や詩人、研究者の名前などは、説明を受けても覚えられず、後から調べようと思ってもかないません。こういった情報は紙に書かれているほうが親切でしょう。せっかく聴かせていただいたお話が、無駄になってしまいます。

 5月にまたコンサートがあるようですが、ルネサンスの音楽に興味がある方は聴かれたら面白いと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ブルーマン」日本公演

11月24日

 六本木の専用「インボイス劇場」で行なわれている「ブルーマン」の日本公演を見に行きました。昔、暇だった頃は、映画や演劇をかなり頻繁に見に行っていたのですが、ここ数年は時間的にも精神的にも余裕がなく、こうした「文化的活動(笑)」からは足が遠のいていました。

 何故「ブルーマン」を見に行こうかと思ったのかと言うと・・・・

 実は、毎朝楽しみにしているテレビ番組があります。NHK教育テレビの幼児向け番組「ピタゴラスイッチ」です。これがなかなか面白い。8時10分になるとニュースから「ピタゴラにスイッチ」という毎日です(土曜日は7時から)。

 この中に「アルゴリズム行進」というコーナーがあります。行進しながらさまざまな体の動きをするものですが、1人でやっているとよくわからないものが、並んでやるとなかなか面白く組み合わさっている。レギューラーのお笑いタレント2人以外に、さまざまな職業の人たちが後について行進するのが「売り」です。ここにブルーマンが登場したのは半年ほど前。その動きに「これは面白そうだ」と思って、せっかくだから見に行こうと思っていたのです。「見たことがある」という人の話を聞くと、概ね「面白いよ」という反応が。思い切って行ってみることにしたのでした。

 結果から言うと・・・残念ながらあまり面白いものではありませんでした。期待した「動きと音楽のパフォーマンス」は不十分で、音楽はともかく動きのパフォーマンスはほとんどありません。そのかわり、客席からお客さんを飛び込ませて(やらせた内容から、ハードなやつは「やらせ」でしょう)笑いを取ったり、「動きと衝撃」で笑いを取ったりという、「ドリフターズ」ばりのパフォーマンスにやや辟易してしまいました。

 リズムや動きの内容は非常にクオリティの高いものだと思いましたが、そうした「過剰演出」や3D画像を使った大掛かりな仕掛けは、ブルーマン自体のパフォーマンスというよりは商業主義に毒された「刺激の強い見せ物」的な面が目について、とても残念でした。音も刺激的で、目も耳もへとへとになってしまいました。

 最初に彼らがストリート・パフォーマンスをやっていた頃は、おそらくリズムとパントマイムの純粋なものだったのだろうと思います。それがコマーシャルベースに乗ることで、残念ながら「フジテレビ化」していったのでしょう。「昔ニューヨークで見た」という人の言っていたステージとはかけ離れたものになっていたようです。

 しかし・・・たまにはこういうものも見ないと「老化」してしまうのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大野和士指揮フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団演奏会


11月11日

 久しぶりに大野さんの指揮を聴きました。場所はみなとみらいホール。

ドビュッシー:「牧神の午後への前奏曲」
ストラヴィンスキー:「火の鳥」(1911年版に数曲を加えたもの)
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」(第1、第2組曲を入れ替えたもの)
アンコール:フォーレ/パヴァーヌ、ベルリオーズ/ラコッツィ行進曲

 大野さんのコンサートは何回目でしょうか。東京交響楽団を指揮したデビューコンサート以来、東京フィルハーモニーの常任を降りた1999年までは、ほぼ全てのコンサートを聴きました。彼が十分に有名になってからは頻度が減りましたが、大野氏のファンとしては年に数回のコンサートは楽しみです。

 私が感じている大野さんの音楽の特徴は「無理がない」ことです。音楽の流れが極めて自然なのです。それは若い頃から一貫していて、デビューコンサートの「エロイカ」からずっと感じていたことです。特別に何かを誇張したりすることなく、音楽が実に心地よく進行するのです。縁あって彼の指揮で数回演奏する機会がありましたが、弾いてみるとそのことがよくわかります。特別に「こうやって弾こう」と思うことなく、「弾かされて」しまうのですね。

 20代の頃、よくご一緒させていただいた読響やN響の団員の中には「彼はダメ。伸びない」と言う人が多かったのですが、飲みながら彼の熱っぽい語りを聞いていると、「こいつは絶対にヨーロッパのオペラハウスのシェフになるぞ」と確信させられました。今はご存知の通り、世界中で認められるオペラ指揮者になりましたが、凄いと思うのは彼が当時から一貫して持っているものにブレがないことです。

 今回のプログラムでも、彼の音楽の良さが十分に感じられました。ただし、プロコフィエフは最後の部分をカットせずに演奏して欲しかった。

 しかし・・・フランスのオーケストラの木管楽器はいいですね。音が柔らかく、とても心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京グリーン交響楽団定期演奏会

●11月3日

 弦楽器のトレーナーをさせていただいている東京グリーン交響楽団の定期演奏会がありました。指揮は栗田博文さん、プログラムは

ベートーヴェン:「コリオラン」序曲
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」
サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付き」
アンコール:ドヴォルザーク:スラヴ舞曲より第1番

 グリーン交響楽団のトレーナーをさせていただいてすでに5年になります。私がトレーナーになった当初は弦楽器の団員が少なく、ヴァイオリンが2人、なんていう練習になってしまったこともありましたが、最近は人数も増えて安定した状態で練習ができるようになっています。今回は前半に古典派の曲が2曲ならんだので、少しばかり古典派の話をさせていただいたのですが・・・

 全奏の前に弦分奏が2度あったので、モーツァルトやベートーヴェンの弾き方の話をしたのですが、結果としては栗田先生のイメージとはかなり違っていたようで、申し訳ないことをしてしまいました。最初に打ち合わせをしておくべきだったと反省。しかし、弦楽器として古典派の曲に対してどのようなイメージをもって奏法を選択するのか、ということについては、かなり理解していただけたのではないかと思います。

 モーツァルトは、とても懐かしい演奏でした。第1楽章のテンポは約126。これは、カール・ベームやカラヤンなどよりもかなり遅く、ワルターの演奏と全く同じです。実は私が幼少期に聞いていた演奏が、まさに父親が持っていたワルターの全集のものだったのです。演奏家が自由にテンポや曲想を決めていた「古き良き時代」のテンポ設定ですね。また第3楽章のメヌエットで、「音をひとつずつニュアンスを持つことができるテンポで」という指示がありましたが、まさにカラヤンがインタビューなどで語っていた通りのことでした。私が持っているモーツァルトのイメージとは全く異なりますが、栗田先生のイメージがとてもよくわかるモーツァルトだったと思います。

 サンサーンスでは大きなトラブルがありました。オルガンの調子が悪く、弾いていない音が鳴り響いてしまったのです。たまにあることだそうですが、団員の皆さんにはとても残念なことだったと思いました。

 演奏は、短期間の練習(いつもより1〜2ヶ月短い)にもかかわらず、みなさんよく闘っていたと思います。アンコールも含めて非常にタフな曲目でしたが、練習の成果が実を結んだところも少なくありません。トレーナーの立場としては、もう少し練習時間がほしかったということが本音ではあります。

 弦楽器のアンサンブルを向上させるために、また、基本的な奏法やイメージをつくるためには、古典派の曲を定期的に取り上げることはとても大切だと思います。グリーン交響楽団がさらによいオーケストラになることができるように、私もできるだけの協力をさせていただきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)