トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

「ブルーマン」日本公演

11月24日

 六本木の専用「インボイス劇場」で行なわれている「ブルーマン」の日本公演を見に行きました。昔、暇だった頃は、映画や演劇をかなり頻繁に見に行っていたのですが、ここ数年は時間的にも精神的にも余裕がなく、こうした「文化的活動(笑)」からは足が遠のいていました。

 何故「ブルーマン」を見に行こうかと思ったのかと言うと・・・・

 実は、毎朝楽しみにしているテレビ番組があります。NHK教育テレビの幼児向け番組「ピタゴラスイッチ」です。これがなかなか面白い。8時10分になるとニュースから「ピタゴラにスイッチ」という毎日です(土曜日は7時から)。

 この中に「アルゴリズム行進」というコーナーがあります。行進しながらさまざまな体の動きをするものですが、1人でやっているとよくわからないものが、並んでやるとなかなか面白く組み合わさっている。レギューラーのお笑いタレント2人以外に、さまざまな職業の人たちが後について行進するのが「売り」です。ここにブルーマンが登場したのは半年ほど前。その動きに「これは面白そうだ」と思って、せっかくだから見に行こうと思っていたのです。「見たことがある」という人の話を聞くと、概ね「面白いよ」という反応が。思い切って行ってみることにしたのでした。

 結果から言うと・・・残念ながらあまり面白いものではありませんでした。期待した「動きと音楽のパフォーマンス」は不十分で、音楽はともかく動きのパフォーマンスはほとんどありません。そのかわり、客席からお客さんを飛び込ませて(やらせた内容から、ハードなやつは「やらせ」でしょう)笑いを取ったり、「動きと衝撃」で笑いを取ったりという、「ドリフターズ」ばりのパフォーマンスにやや辟易してしまいました。

 リズムや動きの内容は非常にクオリティの高いものだと思いましたが、そうした「過剰演出」や3D画像を使った大掛かりな仕掛けは、ブルーマン自体のパフォーマンスというよりは商業主義に毒された「刺激の強い見せ物」的な面が目について、とても残念でした。音も刺激的で、目も耳もへとへとになってしまいました。

 最初に彼らがストリート・パフォーマンスをやっていた頃は、おそらくリズムとパントマイムの純粋なものだったのだろうと思います。それがコマーシャルベースに乗ることで、残念ながら「フジテレビ化」していったのでしょう。「昔ニューヨークで見た」という人の言っていたステージとはかけ離れたものになっていたようです。

 しかし・・・たまにはこういうものも見ないと「老化」してしまうのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恥ずかしい話ですが・・・


091124

 お酒が好きな私は、酒にまつわる失敗をよくします。最近でこそ無茶な飲み方をしないのでほとんど失敗はなかったのですが、久々にやってしまいました。

 数日前のこと。ちょっと美味しいお店に行って、料理とワインを楽しみました。普段はワインは赤に決めていて、ボトル1本から1本半くらいは平気で飲むのですが、この日は料理との兼ね合いで最初に白ワインを飲みました。ご一緒させていただいた方達があまり飲まないので、1人で「ぐびぐび」。そのあと、お待ちかねの赤でまた「ぐびぐび」。かなり疲れていたらしく、メインを食べている間に寝てしまいました・・・

 それはいいのですが、食事後に歩いていて、地上に向かってダイビング・・・その瞬間は覚えていないのですが、左側に抱えていたはずの楽器を右手でしっかり抱え(空中で持ち直したらしい/苦笑)、体の右側から落下。足と腰、上腕、肩が地面と激しくキスをして、そのあと頭も・・・病院に行くほどではなかったのですが、打撲と挫傷と擦過傷で全身に痛みが・・・しかし、ヴァイオリンは腕で抱えていて無事です。

 恥ずかしい話なのですが、楽器を持っている時に酔っぱらって失敗したことが何回かありますが、いずれもヴァイオリンは無傷でした。

 最初はとっっても若い頃。楽器を持って駅の階段でスキーをしてしまったことがありました。この時は楽器を高く抱えて、腰と足は階段と大げんかしました。結局、左足を複雑骨折・・・

 次は学生時代。オーケストラの仲間と飲んで帰宅途中に意識がなくなりました。冬のとても寒いとき。ある駅のベンチで駅員さんに起こされて目が覚めました。楽器を抱えて寝ていたようです。気がついたら・・・カバンをなくし、コートとセーターを脱いでいました・・・

 他にも何回か同様の経験がありますが、いずれも被害は体や他の持ち物で、楽器だけは無事。えばれたことではありませんが、さがなんでしょうね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「その薬、飲んではいけない」はなし

11月16日

 今日の「日刊ゲンダイ」に、「その薬、飲んではいけない」と銘打った記事がありました。記事は免疫学者の安保徹氏のインタビューという形ですが、中に興味深い話が載っていました(安保徹氏のサイトはこちら)。

 ゲンダイ紙に紹介されているところによると、「交感神経と自律神経のバランスをとることで症状を改善する」ということが主眼の免疫療法を勧めています。槍玉に挙がっているのは、降圧剤、抗コレステロール薬、ステロイドなどですが、その中で消炎鎮痛剤も取り上げられていました。「肩こりや腰痛などで消炎鎮痛剤を使ってはいけない」という主張です。

 これは、整体の世界では当たり前のことでしたが、西洋医学の医者の立場からもこういうことを主張する人がでてきたのだなぁと、なんとなく興味を持ち、氏の公式サイトもざっと目を通してみました。

 私の腱鞘炎が「不治の病」になってしまったのは、痛みを生じた当初に消炎鎮痛剤を使いまくったからだと思っています。私に施術をしてくださった整体師も「湿布したでしょ。もう完全には治らないわよ」と言われましたが、その後の経験でも冷湿布を使った人はなかなか改善しません。肩こりや腰痛でも、私の生徒やまわりの人には「冷湿布だけはするなよ!」とうるさく言い続けています。

 痛みやかゆみは、体が発している「SOS」です。痛みやかゆみはそれ自体が非常に苦痛なので、酷い時にはそれを取り去ることが最初の目的になってしまいますが、整体術では、いわゆる「湿布」が体が「SOS」を受けて自己修復する機能を妨げてしまうのだと考えます。もちろん、冷湿布には消炎効果だけでなく「血流を阻害する」効果もありますから、自己修復機能をさらに落としてしまいます。

 ヴァイオリンに限らず、楽器を弾く人にはさまざまな体の故障を抱えている人が多いのが実態です。私のところに相談に見える方でも、痛みにすぐに鎮痛剤や消炎剤を使ってしまった人が多いのですが、薬を安易に使うことはとても危険です。そうしたことも是非知っておいていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大野和士指揮フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団演奏会


11月11日

 久しぶりに大野さんの指揮を聴きました。場所はみなとみらいホール。

ドビュッシー:「牧神の午後への前奏曲」
ストラヴィンスキー:「火の鳥」(1911年版に数曲を加えたもの)
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」(第1、第2組曲を入れ替えたもの)
アンコール:フォーレ/パヴァーヌ、ベルリオーズ/ラコッツィ行進曲

 大野さんのコンサートは何回目でしょうか。東京交響楽団を指揮したデビューコンサート以来、東京フィルハーモニーの常任を降りた1999年までは、ほぼ全てのコンサートを聴きました。彼が十分に有名になってからは頻度が減りましたが、大野氏のファンとしては年に数回のコンサートは楽しみです。

 私が感じている大野さんの音楽の特徴は「無理がない」ことです。音楽の流れが極めて自然なのです。それは若い頃から一貫していて、デビューコンサートの「エロイカ」からずっと感じていたことです。特別に何かを誇張したりすることなく、音楽が実に心地よく進行するのです。縁あって彼の指揮で数回演奏する機会がありましたが、弾いてみるとそのことがよくわかります。特別に「こうやって弾こう」と思うことなく、「弾かされて」しまうのですね。

 20代の頃、よくご一緒させていただいた読響やN響の団員の中には「彼はダメ。伸びない」と言う人が多かったのですが、飲みながら彼の熱っぽい語りを聞いていると、「こいつは絶対にヨーロッパのオペラハウスのシェフになるぞ」と確信させられました。今はご存知の通り、世界中で認められるオペラ指揮者になりましたが、凄いと思うのは彼が当時から一貫して持っているものにブレがないことです。

 今回のプログラムでも、彼の音楽の良さが十分に感じられました。ただし、プロコフィエフは最後の部分をカットせずに演奏して欲しかった。

 しかし・・・フランスのオーケストラの木管楽器はいいですね。音が柔らかく、とても心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京グリーン交響楽団定期演奏会

●11月3日

 弦楽器のトレーナーをさせていただいている東京グリーン交響楽団の定期演奏会がありました。指揮は栗田博文さん、プログラムは

ベートーヴェン:「コリオラン」序曲
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」
サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付き」
アンコール:ドヴォルザーク:スラヴ舞曲より第1番

 グリーン交響楽団のトレーナーをさせていただいてすでに5年になります。私がトレーナーになった当初は弦楽器の団員が少なく、ヴァイオリンが2人、なんていう練習になってしまったこともありましたが、最近は人数も増えて安定した状態で練習ができるようになっています。今回は前半に古典派の曲が2曲ならんだので、少しばかり古典派の話をさせていただいたのですが・・・

 全奏の前に弦分奏が2度あったので、モーツァルトやベートーヴェンの弾き方の話をしたのですが、結果としては栗田先生のイメージとはかなり違っていたようで、申し訳ないことをしてしまいました。最初に打ち合わせをしておくべきだったと反省。しかし、弦楽器として古典派の曲に対してどのようなイメージをもって奏法を選択するのか、ということについては、かなり理解していただけたのではないかと思います。

 モーツァルトは、とても懐かしい演奏でした。第1楽章のテンポは約126。これは、カール・ベームやカラヤンなどよりもかなり遅く、ワルターの演奏と全く同じです。実は私が幼少期に聞いていた演奏が、まさに父親が持っていたワルターの全集のものだったのです。演奏家が自由にテンポや曲想を決めていた「古き良き時代」のテンポ設定ですね。また第3楽章のメヌエットで、「音をひとつずつニュアンスを持つことができるテンポで」という指示がありましたが、まさにカラヤンがインタビューなどで語っていた通りのことでした。私が持っているモーツァルトのイメージとは全く異なりますが、栗田先生のイメージがとてもよくわかるモーツァルトだったと思います。

 サンサーンスでは大きなトラブルがありました。オルガンの調子が悪く、弾いていない音が鳴り響いてしまったのです。たまにあることだそうですが、団員の皆さんにはとても残念なことだったと思いました。

 演奏は、短期間の練習(いつもより1〜2ヶ月短い)にもかかわらず、みなさんよく闘っていたと思います。アンコールも含めて非常にタフな曲目でしたが、練習の成果が実を結んだところも少なくありません。トレーナーの立場としては、もう少し練習時間がほしかったということが本音ではあります。

 弦楽器のアンサンブルを向上させるために、また、基本的な奏法やイメージをつくるためには、古典派の曲を定期的に取り上げることはとても大切だと思います。グリーン交響楽団がさらによいオーケストラになることができるように、私もできるだけの協力をさせていただきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弦楽器フェア2010


 今年も弦楽器フェアを見に行きました。日程的に無理だと思っていたのですが、日立でのコンサートの後に特急に飛び乗ることができ、なんとか時間がとれました。去年はたくさんの生徒を引き連れて大名行列のようになってしまったのですが(苦笑)ことしはいたってシンプルに。

 弦楽器フェアを見に行く目的は、注目している日本人の作家の楽器がどのように変化しているかを知ることと、楽器商や海外の制作者のブースを見て回ることです。毎年のウォッチしていると、変化があったり新しい発見があったりして楽しいものです。年に1度、弦楽器フェアでしかお会いできない制作者の方もいて、その方達とお話をするのも目的のひとつでもあります。

 今年は不況の影響でしょうか、だいぶブースが減っていたようです。毎年のように出店していたメーカーやディーラーのなかにも、今年は見られなくなってしまったものがいくつかありました。その分、通路のスペースには余裕がありましたが、やはり寂しい限りです。

 今年も「あ、作り方変わったな」と思った制作者が何人かいました。お話を伺っていると、工夫をされている様子がわかってとても興味深いものがあります。また、楽器商のブースでかなり良い楽器も弾くことができました。

 来年はまた、「見てみたい」という生徒と一緒にまわってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サン豊浦コンサート

● 10月30日

 日立市川尻にある特別養護老人施設「サン豊浦」で、恒例となっているヴァイオリンとピアノのコンサートを行ないました。高台にあるこの施設はとても気持ちが良いところで、食堂と普段の生活スペースを兼ねたとても広いホールが演奏会の会場です。年に2回のコンサートですが、入所者やデイサービスを受けている方など、毎回100人ほどの方に聞いていただいています。プログラムは、ヴァイオリンの有名な曲と日本の歌で構成されていて、歌はみんなで歌う/演奏して歌う、という組み合わせになっています。こうした構成にしているのは、このコンサートを企画してピアノを弾いているKEI先生が毎月「音楽療法プログラム」として「発声する/歌を歌う」という活動をしていることの延長線上にあるからでもあります。

【今日のプログラム】

・エルガー「朝の歌」
・クライスラー「中国の太鼓」
・日本の歌/もみじ、七つの子、ふるさと
・マスネ「タイスの瞑想曲」
・日本の歌/荒城の月、里の秋
・サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」
・川の流れのように

 このような企画は、続けてやることに意味があると思っていましたが、昨日は職員さんから嬉しいお話を聞きました。
「認知症の方が、次のピアノとヴァイオリンの演奏はいつですか、と聞かれるんですよ」

(ご存知の方ならお分かりだと思いますが)認知症の方が「新しいイベント」を記憶して反復することはとても難しいのですが、コンサートを何回も続けていることで、このような反応が出てきたのだと思います。このような場所でコンサートをやっていると、どうしても「そのときの反応」に注目してしまいがちですが、続けることの意味を忘れずにやっていこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうぞよろしくお願い致します


「MAKIの音楽室」の別館として、日記をブログに書くことにしました。レッスンやコンサートのことなどの音楽にまつわることから、日常生活についても少しずつ書いて行こうと思います。

 コメントは大歓迎ですが、ヴァイオリンの奏法や音楽的な質問については、掲示板(http://www.dai3gen.net/maki/wforum_502/wforum.cgi)をご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年12月 »